どこが自分に合ってる?

どんな住宅会社が自分に合ってる?

住宅を建てる依頼先として、おおよそ3つに大別できます。工務店・ハウスメーカー・設計事務所の3種です。それぞれの特徴の傾向をまとめてみました。また、工務店でも個々の会社で特徴があります。それらを知った上で、自分に合う住宅会社選びをしましょう。

特徴の傾向
工務店 地域密着型で、設計・施工からアフターサービスまでを一貫して行っている会社がほとんどです。たいていは数人~十数人という規模で、中には棟梁ひとりだけという形態の会社もあります。そのため概して低コスト体質。また、住宅性能や間取りプランなどに社長の理念や信念がくっきり反映されやすいようです。建てる家はほとんどが自由設計です。
ハウスメーカー 仕様やデザインを決めて商品化し、自社でパーツの開発や生産を行っています。全国規模の大手ハウスメーカーと地方都市圏を中心とする準大手があり、どちらも工事はほとんど下請け先の業者にゆだねています。商品にはフリープランと、既定のプランから選んで組み合わせる企画型があり、企画型は若干は安めですが、全体として高コスト体質です。
設計事務所 一級または二級建築士が、設計から施工管理までを請け負います。施工は別途、工務店などと「工事請負契約」を結んで行われます。施主の要望にもとづいて丹念な設計がなされ、個性的で凝った家が建つのが特徴です。自然志向の家からモダンな家まで、スタイルは要望次第ですが、建築家によって作風に得手・不得手があります。

 

小椋建築はちいさな工務店です

小椋建築では、お客様担当の小椋が初めての出会いから、ご相談、プラン打ち合わせ、現場管理、工事中の打ち合わせ、お引渡し、完成後のメンテナンスまで一貫して対応しています。何かご相談がある時はすべて小椋へ言ってください。

打ち合わせは営業マン、設計変更は設計者、工事は現場監督、メンテはメンテ業者などと分かれていないので「これは誰に言えばいいの?」といった内容も小椋まで言っていただければ、現場・設計・メンテなど全てに反映させられるので、わずらしさがないと思います。また、人を介すほど伝えた内容が薄れる可能性がありますが、そんな心配もありません。

当社のように人員を最小限おさえているため、経費が小さいのも工務店の特徴です。

当社は、祖父の代から地元の皆様に信頼され営業を続けてこられました。これからも工務店として、皆様のお役にたてる仕事を続けていきたいと考えています。

 

 

 

資料をご請求ください



木や土や石など、自然が教えてくれた素材を活かし、家族が温かな雰囲気で、そして健康に 過ごせる家づくりを心がけています。 いい家づくりは出来ますが、攻撃するような営業はできません。 なので、安心して資料請求・お問い合わせください。
しつこい電話や、訪問は一切しておりません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ