畳をフローリングに、縁側を畳に

富山市 S様邸

  • 工期: 20日間

 

リフォーム前

畳を上げてフローリングを貼る前です。

リフォーム前

 

工事前の縁側です。

工事前の縁側

  • 二間続きの和室を一部屋畳を上げて、フローリングにして応接室をつくりたい
  • 縁側を仕切って畳、建具を入れて部屋にしてほしい
  • 応接室として使っていた部屋を畳敷きの部屋にしてほしい

 

床板を貼る前に隣の部屋と高さを合わせる為に下地をしています

床の下地

 

床板を貼る前の下地作業が終わり床板を貼ります

床下地作業終了

 

 

リフォーム後

畳を上げて、カリン材の床板を貼り、隣の畳の部屋との段差もなく落ち着いた色の応接室になりました。

リフォーム後の応接室

縁側だった場所

押入を造作して、新畳,建具が入り四畳の部屋の完成です。

リフォーム後の和室

壁だった所を、抜いて室内ドアを入れ、フロアーの部屋に畳をいれました

壁だったところのリフォーム後

 

水色系の縁で新畳にされ、さわやかな感じのお部屋になりました

壁だったところの和室

 

小椋から一言コメント

応接室をプライベートルームににという事で新畳をいれ、壁だったところに室内ドアを取り付けて使い勝手のよい部屋になりました。

壁を抜いてドアを入れたことで、キッチン、浴室、トイレが近くなりました。

このカテゴリ内の記事一覧

施工事例トップへ

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ

 

サブコンテンツ

↑ このページの先頭へ