外壁リフォーム、ガルバニウム鋼板

富山市の小椋建築、代表の小椋です。

現状の上からガルバニウム鋼板貼り

工事前

モルタルとサイディングの外壁

工事後

ガルバニウム鋼板貼り

現状は、モルタルとサイディングの外壁でした。現状の上より木下地を取付、ガルバニウム鋼板にて仕上げです。

 

足場組み立て

外壁工事、足場組立

 

外壁下に空気が通るように

外壁木下地

格子状に木下地を2枚重ねて、外壁下に空気が通る道を作ってあげます。

こうすることによって、外壁に太陽光が当たり熱くなった熱気が、家の壁内に伝わる前にを逃がす事ができます。

熱が家に伝わると、壁が蓄熱層となり部屋内に熱を放熱してしまい、暑い部屋になってしまいます。熱が伝わる前に逃してあげるのがいいですね。

 

1階外壁

1階部分外壁貼り

1階部分の外壁を先に貼っていきます。

 

2階外壁

2階部分外壁貼り

 

お施主さんのご希望で、2階部分は1階と色を替えました。1色だとなんだかさみしいからと言う考えからでしたが、その通りで2色にしたおかげで引き締まって見え、正解だったと思います。

 

 

コーキング工事

外壁コーキング

 

窓まわりや隙間をコーキングして、雨が入らないようにして行きます。

 

完成

外壁リフォーム完成

雨樋や軒裏天井、破風板も足場を組んだこのタイミングで塗装を行いました。外壁と同様に新品な色合いになり、全体像がきれいに仕上がりました。

 

 

 

小椋建築では、生活の不便を便利に変え、快適に使ってもらえるように、そして快適に生活できるようにお手伝いをさせて頂いています。家に関わる気になること、お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。私小椋がお客様担当です。

 

 

このカテゴリ内の記事一覧

施工事例トップへ

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ

 

サブコンテンツ

↑ このページの先頭へ