自然素材でつくる家

自然素材TOP

小椋建築では、無垢材や珪藻土を使った自然素材で作る木の家をご提案しています。自然素材でしか出せないぬくもりのある家を、手に入れるお手伝いをいたします。

 

自然素材をおすすめする理由

おじいちゃん、おばあちゃんの住んでいた昔の家は、木と土と紙で出来ていた。昔の家

昔は石油製品や建材などが無かった時代だから当然なのですが今では随分少なくなりました。そんな家は、丸太の木から作った素材が床や壁に貼ってあり、また土を塗って出来ている土蔵にあるような壁があったりしました。

そんな家を走り回って遊んでいる記憶の中、素足での感覚や、土壁の涼しさ、風が抜ける部屋、木々も目に入り見た目もやさしく、そして体がとても気持ちよかったことを覚えています。この時代、シックハウスという言葉とは無縁だったんだろうなぁと思います。

家は心も体も安らげる場所で無くてはなりません。そんな家は、おじいちゃん、おばあちゃんが住んでいた昔の家だと思います。

ただ昔の家そのままですと、すきま風などもあり現代の家には合わないのでしっかりと作る必要があります。しっかりと作った上で自然素材を取り入れた家が、現代のおじいちゃん、おばあちゃんの家になるのではないかと思っています。

 温かみのある無垢のフローリング

無垢フローリング

無垢材の一番の特徴は、そのぬくもり。

公園でコンクリート製と木製のベンチでは座ったときの感触の違いは感じられると思います。木には温かさがあります。堅い木はそうでもありませんが、杉やヒノキ、パイン材などのやわらかい木ほどたくさんの気泡が詰まっています。

合板のように接着剤を使わないので、気泡が残り肌で触ったときに柔らかさや気持ちよさを感じます。そして温かい。

素足で歩く家だからこそ無垢のフローリングをお薦めします。年月とともに味わいを増していく変化もご家族で感じていただきたいです。

調湿性に優れた、珪藻土の壁

珪藻土の最大の魅力は、その調湿性能。 珪藻土塗り壁

スポンジのように目に見えない無数の穴を持つ、多孔質な素材である珪藻土のお部屋は、とっても快適でジメジメしません。
ほかを削っても、珪藻土を採用されることをおすすめしたいと思っています。

※小椋建築で使用しているアトピッコハウスの珪藻土塗り壁「はいから小町」はJIS規格で定められている基準の3倍以上(24時間で1㎡あたり241g以上)の調湿量があります。

湿気がこもらないエコクロス

現代のクロスと言えばビニールクロスが一般的。価格が安く、色柄がとても豊富、施工がしやすいところが利点。しかし、素材がビニールなので調湿性、透湿性が無いため、室内に湿気がこもりやすい。
そこで透湿性のある布クロスやコットンクロスをおすすめしています。

クロスの特徴比較

織物壁紙(布クロス) コットンクロス
(紙壁紙)
ビニールクロス  
施工性
浸透性 ×
丈夫さ × ×
種類・品数 ×
価格 ×

 ・布クロス
布を織ったものに、裏打ちの紙を貼ったクロスです。
通気性があり湿気を壁の外へ逃がします。(透湿度は24時間で2000g/㎡以上)
耐久性に優れており、鋭利なもので引っかいたりしない限りほつれたりしませんし、施工前の布クロスを力いっぱい破ろうとしてもなかなか破れません。
透湿性、耐久性に優れ、高級感のある素材です。
火気使用室に使える防火認定品、水まわりに適した撥水性のあるクロスなど9種類30アイテム

・コットンクロス
コットン(綿)を使用してつくられた紙系壁紙です。
透湿度は24時間で4000~5000g/㎡、価格は布クロスよりもお手頃です。

 

自然素材ならではの欠点も

自然素材は、汚れや傷がつきやすいことがあります。これらも家族の歴史・思い出と、おおらかな気持ちで自然素材とお付き合いください。

無垢のフローリング

無垢フローリングは、季節の温度・湿度の変化によって伸縮します。それは呼吸をしているから。
板と板の間にすきまが出来たり、少しですが反ったりもします。

それから、一般的な合板フローリングに比べると傷が付きやすいです。しかし無垢材は表面も中ほども裏面まで一枚の木材なので傷が付いても削ることも可能です。
そして同じ木なのであまりキズは気にならないかもしれません。気になるけども無垢を使いたい方は、少し堅めの材種を選ぶと傷が付きにくく良いかと思います。

エコクロス

静電気が発生しないため埃がつきにくいので普段の掃除は必要ありませんが、手アカなどの汚れがついてしまったら拭き掃除はできません。固絞りのぞうきんでポンポンとたたくようにするだけです。
ただ汚れはそんなに気にならないと思います。想像してみて下さい。今のお家、アパートの壁が汚れてるかわかるでしょうか、実際汚れていて目に見えているけどわからないってことはありませんか。意識しないとわからないくらいのよごれ。そしておそらく拭くことがあまり無いのではないでしょうか。
撥水性のあるタイプ、汚れが目立ちにくいタイプなど、場所に応じた商品が選べます。

 

自然素材は高い?

決して高望みではありません

小椋建築では、手の届くご予算で、自然素材を使った家で気持ち良く住んで頂きたいと思っています。
自然素材は高いから、ということはありません。差額で考えると、案外手が届くものです。
全部自然素材というのが無理なら、長く過ごすリビングや 子供部屋だけといった選択もできます。
そして自然素材が好きな人に、自然素材の家に住んでもらえるようお手伝いをしたいと思っています。

自然素材を取り入れた企画住宅

建築価格の目安になる、自然素材を取り入れた企画住宅のプランを用意しています。
35坪の家で、46万円/坪~です。詳しい内容については企画住宅の資料をご請求ください。

 

 

WB工法

特徴

  • 2重の通気
  • 空気の流れをコントロール
  • 透湿

ざっくりとお伝えするとなると、上記の3つになります。

ただどうやっているのか、だからどうなるのか、といったことはホームページ上でお伝えすることが難しく、直接お目にかかって模型などを介しながらお伝えさせて頂きたいと思います。

WB工法説明模型

 

 

 

 

 

 

ご興味がおありでしたら、お問い合わせページより「WB工法説明希望」として送信して下さい。追ってご連絡を差し上げます。

 

現在、WB工法の家にお住まいのオーナー様の声

富山WB会にて県内で、WB工法の家を新築されたオーナーの方々へ、現在お住まいのお家についてインタビューをさせて頂きました。WB工法を選んでよかったという声が聞かれ、気持ちよくお住まいの様子でした。インタビューを重ねていくと、あるキーワードが浮かび上がってきました。

  • 空気環境
  • ニオイ
  • 結露
  • 省エネ
  • 健康

これらのキーワードが、オーナー様から聞かれる声の中に登場してきた言葉です。そしてこれがWB工法が選ばれている理由だと改めて感じました。

 

WB工法オーナー様の声、プレゼント

WB工法の家に現在お住まいのオーナー様の声、抜粋して全部で11のご家族が、実際に体で感じて思ったこと、感じたことがリポートされています。また今思えば家をこうしておけば良かった。の一言も有りこれから家を建てられる方へ参考にもなるかと思います。

こちらのオーナー様の声を、5名/毎月の方へプレゼントいたします。

WB工法オーナー様声集

 

 

 

 

 

 

 

 

ご希望の方は、資料請求ページにて「オーナー様の声」希望と書いて送信して下さい。

 

 

資料をご請求ください



木や土や石など、自然が教えてくれた素材を活かし、家族が温かな雰囲気で、そして健康に 過ごせる家づくりを心がけています。 いい家づくりは出来ますが、攻めるような営業はできません。 なので、安心して資料請求・お問い合わせください。
しつこい電話や、訪問は一切しておりません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ