24時間、家丸ごと床暖房で ぽかぽかの家

白壁に黒が映える家

白壁に黒が映える家

白壁に黒が映える家

白い壁と天井のお部屋に、黒い床とドア。 都会的な雰囲気漂うお部屋は、ご夫婦の寝室です。 奥の白いドアはウォークインクローゼット。 衣類が全部収納でき、スッキリとシンプルなお部屋になりました

 

日差しが差し込むリビング

日差しが差し込むリビング

リビングの南面はTV棚がある場所を除き、全て長戸のサッシを採用。太陽が差し込み、とても明るい部屋になりました。 正面にあるTV用の棚は、大工さんの手作りです。 木の風合いが、天井の表し梁(あらわしばり)とマッチしてやさしい空間になりました。

表し梁

大工さん手作りのTV棚と表し梁。 温かみのある木の風合いが空間のアクセントに。

 

畳コーナー

畳コーナー

寝室の小上がりには、約30cmの段差をつけました。ちょっと腰掛けるのにちょうどよい高さです。 段差を付けたことで、お部屋の使い方が広がりました。 上がり框の造作には、ひのきの無垢材を使用しました。きれいな木目と、いい香りに癒されます。 黒い床材に、無垢材のカラーがマッチして、くつろげる空間になりました。

 

玄関ホールの収納エリア

玄関ホールの収納

玄関から家の中への通路は2つ。 無垢材で表面を仕上げた壁の向こうは、収納エリアになっています。 傘やカッパ、コートなど邪魔になるものは、収納エリアのクローゼットに丸ごと収納。 これでメイン通路はスッキリです。

 

アクセントカラーのドアとやさしい木目のドア

黒いドアと木目ドア

一つ一つのドアの色にもこだわりました。収納ルームには、ポイントカラーである黒いドアを採用。 白い壁や木の色でまとめられた空間に、アクセントを付ける役割を果たしています。 寝室に使った木調のドアは、やさしい表情です。

お気軽にお問い合わせください TEL 076-467-1793 営業時間 8:00~18:00 (水曜定休)

PAGETOP
Copyright © 小椋建築 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.