富山市の小椋建築、代表の小椋です。

棚作り

 

最初は板の組み合わせ

当初、ホームセンターやメーカーにあるものを見ていたのですが

限られたスペースに合わない品ばかり

と言うことで台所の食器棚作ってます。

寸法を合わせカンナで削ります

当然ながらサイズがぴったりきます。

扉に丁番取付

扉も棚と同じ木材で作ってます。

ほぼ完成

既製品ではどうしても化学物質が使われているので

ツーンと嫌な臭いがしてしまいますが

無垢の棚は開放したときの木の香りがいい~。

思わず顔を入れたくなります。

棚板は好きなところに載せ替えられるよう数カ所にピンを打ち完成。

あとは現地に持って行き取り付けて終了。

日曜大工にどうですか

要は板の組み合わせです。

扉はさすがに難しいですが

ただのラックとしてなら意外と簡単!

完成

 

小椋建築へのお問い合わせ・資料請求はこちらから