こんにちは。富山の家づくりマイスター、小椋孝一です。
GWも終わりましたね。
皆さんは、どこかお出かけしましたか?
楽しみにしていたGWが終わり、今は疲れだけが残っている
という方もいらっしゃるかもしれません。

疲れた時、何かに癒されたくなりますが、
皆さんの好きな癒しは何ですか?
富山は自然が豊かなので、登山を始める方や、
山で自然に触れて、癒されるという方も多いです。

日本は国土面積の70%が森林とも言われていて、
木は私たちの生活にも密着している素材です。
今日は、そんな木のお話です。

 

自宅で森林浴ができる?

 

森林浴

リラックスやリフレッシュ効果がある森林浴。
もし、この森林浴がご自宅でできてしまうとしたら、驚きですか?

実は、フローリングに天然の無垢材を使うことで、
お部屋を、まるで森林浴のような空間にできるのです。

 

木は心地よさの宝庫

木には五感を刺激する心地よさが詰まっています。
無垢材のフローリングで楽しめる、3つのことをご紹介します。

 

1,床全体から木の香り。天然のアロマがお部屋を癒しの空間に

森林に行くと癒される理由の1つは、木の香りとも言われています。
人間は、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の5つの感覚を持っていますが、以前、アロマが痴呆症の予防に良いという話があったように、唯一、脳に直接働くのが、嗅覚です。

お風呂が好きな方の中には、ヒノキのお風呂に憧れる方もいらっしゃるでしょう。
湯船に浸かることもリラックスにつながりますが、そこにヒノキの香りが加わることで、より深いリラックス効果が得られることが人気の理由だと思います。

つまり、床全体から香る木の香りは、お部屋を癒しの空間にしてくれます。

 

2,木の調湿機能で、素足でもベタつかない

無垢材フローリング

木は、水分を吸ったり出したりします。
そのため、湿気の多い時期に裸足で歩いても、サラサラと気持ちがよいのです。
無垢材のフローリングは、心地よい肌触りも体感できます。

また、床暖房を設置した場合、靴下やスリッパを履くよりも、裸足のほうが暖かさを感じられます。
無垢材のフローリングは床暖房とも相性が良いのです。

 

3,オリジナルの木目と経年変化でおしゃれな空間を演出

木の年輪に2つと同じものはありません。
そのため、木材を切り出したそのままの無垢材は、オリジナルの模様になります。
そして、時間の経過とともに、空気に触れ、日光に当たることで、どんどん味わい深く変化していくので、目で楽しむこともできます。

つまり、無垢材のフローリングは、香りと、肌触りと、見た目で楽しむことができるのです。

 

お部屋を癒し空間にしてストレス解消

ストレスが多い現代社会。
家をアロマサロンのような、癒しの空間にしてはいかがでしょう。

木によって香りや特徴もさまざまです。
特徴などのご説明は、ぜひお問い合わせください。