富山市の小椋建築、代表の小椋です。

 

浴槽断熱

 

ユニットバスの部品、組み立てられる前の浴槽です。

 

一昔前のお風呂といえば、タイルの貼った床に壁、天井はセメントに塗装仕上げがしてあるものが一般的でしたが、現在お風呂といえばユニットバスですよね。

 

浴槽と洗い場の床があって、パネルで囲み、天井を取り付ける作業で約1日で組み立ててしまいます、タイルのお風呂に比べて、工期も短くとてもシンプルですが温かさは、全然違います。

 

タイルの壁は、壁自体が冷たいので温まることなくお風呂全体を寒くしています。その点ユニットバスの壁は温度の伝導率が高いためお風呂自体が、温かいのです。

 

しかし、注意点が一つあります、温かいといっても外気に冷やされていくので断熱材入りのものを選んでください、写真は浴槽に断熱材がついているものですどうしても、きれいさや、形状、鏡などに目が行き、断熱のことは忘れられがちですがとても大事な部分です。

 

同じく、床・壁・天井にも断熱材を付けられますので、全てに付けられることをお勧めします。見た目も大事ですが、お風呂はやっぱり温かくないと。