富山市の小椋建築、代表の小椋です。

 

お客さん用の玄関と、家族用の玄関を分ける

 

内玄関

 

家の顔となる玄関、家族が多くなるとそれに伴って靴も多くなっていきます。下足へ収納すればいいのですが、片付けるのがだんだんと面倒になり、収納されない靴が玄関に溢れていき、そして散乱していきます。

それと雨具となる傘や合羽、長靴などが加わると、ゴチャッとした見た目になってしまいます。そんな経験をされた方や、大家族の方からは玄関を分けたいと要望を頂きます。

 

玄関の広さはどれくらいか

 

玄関を2つも作るとなると、相当な広さが必要なように思いますが、小さくても案外問題ありません。上記写真の床タイルの大きさは300×300です。腰掛けの部分を除くと巾1200㎜くらいですね。

 

お客さん用の玄関には収納は不要

 

当たり前の話かもしれませんが、お客さんの靴を下足に収納する事は無いので下足入れが不要となります。何もない分すっきりとした玄関になります。

 

仕切りは目隠し程度

 

お客さん用と家族用の玄関を仕切る壁は、絶対に見えないようにしようと考えると壁を作ってドアを取り付けてと頑固な物になってしまいます。家族が毎日通る場所ですし、ドアを2つ開けるのは面倒ですから頑固な物は必要ありません。少しくらい見えていたっていいんです。ドアがない方が通りやすいですし、もし気になるようなら長い暖簾でも掛けておくとおしゃれな目隠しになりますね。なので仕切る壁は簡単なもので十分だと思います。

 

家族用の玄関には目一杯収納を

 

家族用の玄関の巾は、人が通れる程度でいいかと思います。大きな物を運ぶときはお客さん用を使えばいいだけです。通路が最小限な分、収納は壁一面を目一杯使い確保したいものです。そんな場所にぴったりと当てはまる下足収納は既製品ではまず無いと思うので、オーダーで作ってもらいましょう。家族の持ち物を確認して、靴が多ければ靴収納の割合を多くまたコート類が多いようなら縦長のスペース、長靴があるなら長靴の大きさで、とオーダーだと家族に合う家族専用の収納を作ることが出来、効率よく収納する事が出来ます。

 

玄関にニッチ

内玄関 ニッチ

 

こちらの玄関はお客さん用の玄関にも収納を設けたプランです。それぞれのご家庭のご要望を取り入れています。そして仕切り壁の内側にニッチを設けました。この場所だと玄関を入ってきたお客さんからも見ないのでいろんなものを置くことが出来ます。家族一人一人場所を決めて、それぞれの車の鍵などを置いて使っておられます。この場所のニッチはとても好評でした。

 

玄関に置きたい物によって大きさを検討下さい

 

小さな物だけでしたら上記のような考えでいいのですが、ゴルフバッグなど大きな物を置きたいなどは玄関の大きさ比率を変える必要もありそんな時はこんなものも置きたいと、工務店にご相談下さい。

 

小椋建築へのご相談、資料請求はこちらまで。