富山市の小椋建築、代表の小椋です。

 

解体して更地となった現場に次は地盤調査を行います。

地盤調査のポイント

それは、会社選びです。

調査方法に代表的な試験方法として、スウェーデン式サウンディング試験、表面短波試験とあります。どちらの方法も地盤が安全か調査するものですが、その結果が会社によって違ってくるのです。

地盤調査中

 

解析結果によっては100万円の負担

 

調査解析によって、一方では地盤改良が必要と判定され、もう一方では不必要と判定されることがあります。これはとっても不思議でおかしな話です。解析結果によってはお施主さんに相当な負担が掛かってしまいます。

 

お施主さんの負担を増やさないためにも、適切に解析してくれる調査会社に依頼することが大切です。それを見極めるには経験が必要ですが、簡単に見極めるポイントがあります。お知りになりたい場合直接小椋へご連絡下さい。そしてもちろん当社は適切に調査と解析を行っている会社さんとパートナーとして家造りに挑んでいます。

 

 

 

小椋建築へのお問い合わせ、ご相談はこちらまで。