立山連邦もすっかり白くなり、平野部でも初雪が降りましたね。どこのご家庭でも、暖房がフル稼働していることと思います。

寒い日にはおでんや鍋物など、体が温まる料理がおいしいし、温かいお風呂に入ると、一日の疲れがスーッと抜けていって、なんとも幸せな気持ちになりますよね。

そんな気持ちの良いお風呂なのですが、冬の時期は、ヒートショックに気をつけていただきたいのです。

ヒートショックって何?

ヒートショック

「ヒートショック」という言葉は聞いたことがあっても、具体的に体にどんな変化が起こるのか、ご存知でしょうか。

ヒートショックとは、暖かい室内から寒い廊下や脱衣所への移動や、脱衣所と湯船の温度差により、血圧が急激に変化することで起こる、健康被害のことを言います。

具体的には、不整脈や意識障害がおこったり、脳血管障害や、心疾患の原因になったりします。

意識を無くして浴室で倒れてしまうことがあるため、頭をぶつけたり、倒れた場所が湯船の中の場合、溺れることもあります。

富山県では毎年100人以上が入浴中に亡くなっている

富山県では、実に毎年100人以上の人が入浴中に亡くなっているそうで、富山県でも本格的な冬を前に、ヒートショックの予防を呼びかけています。

【関連記事】入浴中死亡、7年連続100人超 富山県内 「ヒートショック」に用心

ヒートショック予報も参考に

そして、天気予報ならぬ、ヒートショックの危険性がわかるヒートショック予報のサイトもあるんです。

【関連記事】富山県のヒートショック予報

このサイトを見ると、ヒートショックの危険度を、危険度が一番低い「冷え込み警戒」から、最高警戒レベルの「油断禁物」まで5段階に分けて教えてくれます。

入浴中のヒートショックを予防するには

お風呂でのヒートショック予防法として、簡単にできる方法としては、こんな方法があります。

  • 脱衣所に暖房を入れる
  • お風呂に入る前に湯船のふたを開けておく
  • 入浴前にシャワーでお風呂場を温める
  • 十分にかけ湯をしてから湯船に入る
  • 湯船の温度を熱くしすぎない
  • 湯船から上がるときにはゆっくり上がる

ヒートショックはこんな時にもおこります

ヒートショック温度差

しかし、ヒートショックは入浴中だけでなく、夜、トイレに起きた時や、暖かいお部屋から寒い廊下に出た時に起こすこともあります。

ヒートショックの危険性を少なくするには、家の中の温度差をできるだけ少なくすることが大切です。

トイレや脱衣所にも暖房を入れているご家庭もあると思いますが、小椋建築の床暖房は、家の基礎から熱が出るので、床暖房だけでトイレや廊下、玄関など、暖房の設置が難しい場所も暖かいのが特徴です。

高齢者がいるご家庭は特に注意が必要

ヒートショック高齢者

統計によると、ヒートショックで亡くなる方の9割は65歳以上の高齢者で、冬の間、自宅の浴室で起こることが多いとのことです。

ヒートショックは、突然起こるので、普段から気をつけるしかありません。普段元気な人でも、急激な温度差により、ヒートショックを起こすことがあるそうなので、これからの季節は、年齢に関わらず気をつけたいものです。

小椋建築ではご相談を承っています

床暖房で全館暖房

小椋建築では、床暖房で全館暖かい家をご提案しています、床暖房に関するあらゆるご相談を承っています。費用のこと、設備のこと、お気軽にご相談ください。