こんにちは。富山で親しまれて3代目。富山の家づくりマイスター 小椋建築の小椋孝一です。

この度、家づくりのブログを始めることにしました。
新築やリフォームは、とても大きな買い物です。

富山でいい家を建てたい。
富山にある今の家をキレイにリフォームしたい。
失敗したくないけれど、情報はどうやって集めたらいいだろう?
新築やリフォームの際、富山ならではの気をつけたいポイントは?
などなど、私も日頃お客様と話をしていて、さまざまなご質問を受けます。

このブログでは、富山でいい家づくりをしたい皆様に、
富山の家づくりに関わって71年の小椋建築3代目 小椋孝一が知っておくとためになる情報をお伝えしていきます。

今年の冬は寒かった

H30年2月の雪模様

今年の冬は特に寒かったですね。雪もたくさん降りましたし。
寒い中、朝起きるのが本当にツラかった・・という方も多かったのではないでしょうか。

家づくりを考えている方については、今度は「暖かい家にしたい」そう思っている方も多いことでしょう。

実は、小椋建築の事務所は、朝から暖かい!
その秘密は床暖房にあります。

寒くないからスッキリ起きられる床暖房がある暮らし

床暖房の何が良いって、朝起きた時に寒くない。
「あと5分〜」と思いながら布団にしがみつくのではなく、気持ちよくスパッと起きられる。
外に出て初めて「寒い」を知る。
台所もトイレもお風呂も寒くない。
いいなぁ、でも高いんだろうな、コストも気になるし。

そんな方のために、初回は床暖房の情報をまとめました。

小椋建築の床暖房の特徴

基礎蓄熱暖房 イラスト小椋建築の床暖房は、床下ではなく基礎コンクリートの上に、断熱材を敷き詰め、その上に温水パイプを張り巡らし、コンクリートを重ねてサンドイッチ状にします。
電気で温水を作りパイプを通ってコンクリートを暖めます、その熱が床へ伝わり、部屋全体を暖める仕組みです。

床暖房のメリット

  • 1階はどこの部屋に行っても暖かい。
  • 脱衣所やトイレも暖かいのでヒートショック対策に。
  • 雨や雪でも洗濯物がよく乾く。
  • 風が出ないので、喉に優しい。
  • 風邪の時や喘息の方へも体の負担が少ない優しい暖房。
  • 足元が暖かいので裸足で過ごせる。
  • 上半身は暖かいのに、足元が冷えることがない。
  • 寒い場所での給油の必要がない。
  • フィルターのお掃除の手間がない。

床暖房のデメリット

  • 2階以上は床暖房だけでは寒い
  • 家の気密性が高くないと効果が薄れる
  • 電気代がかかる(深夜電力を使います)

まとめ

ひとことで言えば、「床暖房は体に優しい」というところが1番のメリットです。
しかし、家の気密性やコストがかかるという面もあります。
次回からのブログで、床暖房のメリット、デメリットについて詳しくお伝えしていきます。
ぜひまたお読みください。