富山市の小椋建築 代表の小椋です。

住宅のご相談を受けていると、平屋という言葉が良く出てきます。それだけ平屋の人気があり需要があるということですね。そして平屋という言葉と同時に、「でも割高なんですよね」ともよく言われます。私はこの言葉にいつも「そうじゃないんだけどな」と思っていました、平屋は割高ではありません、なぜ割高では無いのかご説明をするのですが、うまく説明ができずに相手の方も言われることは何となくわかった。という流れで終わることが多く、何だかうまく説明出来ないモヤモヤとした気持ちでいることがありました。

伝えるほうがモヤモヤしているようでは、相手の方に伝わるわけがありません、どうすればうまく伝えられるだろうと考え、模型を使って伝えるのはどうかと思いたち以下の模型を用意しました。

 

比較する住宅

平屋15坪、総2階30坪、平屋30坪

  1. 平屋15坪、
  2. 1階15坪+2階15坪の、総2階30坪
  3. 平屋30坪

模型は、基礎、1階部分、2階部分、屋根、に分解。

各パーツの坪単価、(平屋15坪、総2階30坪、平屋30坪、共通とする)

住宅丸ごとで坪単価を出すのではなく、基礎部分、1階部分、2階部分、屋根部分、とパーツを分けてそれぞれの坪単価を考えます。

  • 基礎————–7万円/坪
  • 1階部分(15坪)–60万円/坪
  • 2階部分(15坪)–40万円/坪
  • 1階部分(平屋30坪)–(1階60万円+2階40万円)/2=50万円
  • 屋根————–5万円/坪

と仮定します。

2階部分が40万円/坪と1階に比べて20万円安くなっているのは、1階にユニットバス、システムキッチン、玄関戸、土間タイル、上下水配管が集中していると想定して、その分を20万円/坪として算出しました。

同じく1階部分(平屋30坪)が50万円/坪となっているのは、1階部分の60万円と2階部分の40万円を足して2で割った、50万円/坪を算出しました。水廻り設備のある1階と、設備の無い2階を合わせて平均を取った形です。

平屋15坪の価格

平屋15坪模型

平屋15坪の基礎、1階、屋根

各パーツの坪単価×坪数=各パーツの価格

  • 基礎、  7万円/坪×15坪–105万円
  • 1階、 60万円/坪×15坪–900万円
  • 屋根、  5万円/坪×15坪—75万円

総額、15坪–1080万円

坪単価、1080万円/15坪=72万円/坪

総2階30坪の価格

総2階30坪模型

総2階30坪の基礎、1階、屋根

各パーツの坪単価×坪数=各パーツの価格

  • 基礎、  7万円/坪×15坪–105万円
  • 1階、 60万円/坪×15坪–900万円
  • 2階、 40万円/坪×15坪–600万円
  • 屋根、  5万円/坪×15坪—75万円

総額、30坪–1,680万円

坪単価、1,680万円/30坪=56万円/坪

平屋30坪の価格

平屋30坪模型

平屋30坪の基礎、1階、屋根

各パーツの坪単価×坪数=各パーツの価格

  • 基礎、  7万円/坪×30坪—210万円
  • 1階、 50万円/坪×30坪–1500万円
  • 屋根、  5万円/坪×30坪—150万円

総額、30坪–1,860万円

坪単価、1,860万円/30坪=62万円/坪

 

 

表にまとめると

 

基礎、建物、屋根の単価

基礎 1階部分 2階部分 屋根 総額 坪単価
平屋15坪 105万円 900万円 75万円 1,080万円 72万円/坪
総2階30坪 105万円 900万円 600万円 75万円 1,680万円 56万円/坪
平屋30坪 210万円 1500万円 150万円 1,860万円 62万円/坪

 

平屋15坪と、総2階30坪の比較

平屋15坪と2階30坪を比較

 

基礎 1階部分 2階部分 屋根 総額 坪単価
平屋15坪 105万円 900万円 75万円 1,080万円 72万円/坪
総2階30坪 105万円 900万円 600万円 75万円 1,680万円 56万円/坪

本来坪数が違うと比較できませんが
ここは単純に、余計なパーツ(2階部分)が、あるか、ないかの差になりますね。

総2階30坪と、平屋30坪の比較

平屋30坪と2階30坪を比較

 

基礎 1階部分 2階部分 屋根 総額 坪単価
総2階30坪 105万円 900万円 600万円 75万円 1,680万円 56万円/坪
平屋30坪 210万円 1500万円 150万円 1,860万円 62万円/坪

坪数が同じなので比較対象となります。
よく見ると、2階30坪の1階部分900万円と2階部分600万円と、平屋30坪の1階部分1500万円は同額となっています。では基礎はというと基礎坪数が15坪→30坪と2倍となり、価格も2倍の210万円となっています。屋根も基礎と同じく坪数が15坪→30坪と2倍となり、価格も2倍の150万円となっています。

建物の価格は同じで、基礎と屋根は2倍の大きさになっているので、価格も2倍となっています。つまり基礎と屋根を大きくしたのでその分価格が高くなっている。ということになります。

平屋30坪と、平屋15坪の比較

平屋30坪と平屋15坪を比較

 

基礎 1階部分 2階部分 屋根 総額 坪単価
平屋15坪 105万円 900万円 75万円 1,080万円 72万円/坪
平屋30坪 210万円 1500万円 150万円 1,860万円 62万円/坪

こちらも坪数が違うので比較できませんが、坪数が2倍になると価格も2倍になるか、を確認できます。
平屋15坪を、2倍の30坪にすると価格も2倍になりそうと考えがちですが、先の表のように実際そうはなりません。密度が濃いか薄いかですね。

平屋住宅は割高か。

平屋比較

平屋15坪と総2階30坪は、坪数が違うので比較できませんでした。

総2階30坪と平屋30坪は、建物の価格は同じで、基礎と屋根は2倍の大きさになっているので、価格も2倍となっています。つまり基礎と屋根を大きくしたのでその分価格が高くなっている。ということになり、「割高」とは違うのはないかと考えます。

平屋30坪と平屋15坪は、基礎と屋根は2倍の大きさになっているので、価格も2倍となっています、ただ建物単価を見ると15坪の方は900万円/15坪で60万円/坪。30坪の方は1500万円/30坪で50万円。10万円/坪の差があります、これこそが「割高」ではないかと考えます。平屋同士を比較すると坪数の小さい方が「割高」と言えるのではないかと思います。

やっぱり坪単価に目がいきます。

何だかんだと書いてみましたが、やっぱり坪単価の数字が高いほうが高いような気がしてしまいますね。しかし内容はこうなんだとわかっていれば、坪単価の数字に惑わされることもなく冷静に考えることが出来るのではないでしょうか。そんな考えの一助となり家づくりの参考になればいいなと思います。