家の大きな面積を占める床ですが、床材にはさまざまな素材があります。代表的な床材としては、フローリング、畳、タイル、カーペットなどがありますが、水を使う場所かどうかや、誰が使うのかによっても、おすすめな床材は違ってきます。

リビングやダイニングなど、床をフローリングにする住宅が増えていますが、フローリングには大きく分けて、複合板と無垢材の2つがあります。

前回は複合板の特徴やメリット・デメリットについてお伝えしました。今回は、無垢材の特徴やメリット・デメリットについてお伝えします。

無垢材

無垢材とは?

「天然無垢の家」とも言われる無垢材は、自然の木を切り倒し、1枚の板状にした床材のことを言います。無垢材にもさまざまな木材が使われますが、代表的な木材は、オーク材、ウォールナット、バーチ(樺)などです。

オーク材は、黒に近い茶色が特徴で、オーク材を床に使ったお部屋は、重厚な雰囲気を醸し出します。一方、バーチは、白っぽいベージュ色が特徴の木材なので、おしゃれな北欧風のお部屋を作ることができます。

また、無垢材は、経年変化により、ツヤが出たり、色が変化してくるという特徴があります。

無垢材木目

フローリングに無垢材を使うメリット

では、無垢材をフローリングに使うメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

肌触りが良い

天然の木には、無数の細かい穴が空いており、余分な水分を蓄えたり、乾燥した場合には、水分を放出したりします。そのため、裸足で歩いてもベタベタせず、サラサラと気持ちが良いのが特徴です。また、木の持つ温もりにより、工業製品にある冷たさを感じません。

木の香りが心地よい

木の香り

天然の木材のみが使われるため、家の中に木の良い香りがします。森林浴にリラックス効果があるように、木の香りには人を落ち着かせる効果があるので、お部屋を安らぎの空間にすることができ、明日への活力がわきます。

キズも味わいになる

無垢材の床は、木材によって多少の違いはあるものの、複合板に比べると柔らかく、キズつきやすいものが多いです。しかし、複合材の床が経年変化により劣化していくものが多い中、無垢材の床は経年変化により、深い味わいを出していきます。

どうしてもキズが気になる場合でも、1枚板なので、ヤスリなどでこすっていただくことで目立たなくすることもできます。

フローリングに無垢材を使うデメリット

では、フローリングに無垢材を使う場合、どのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

高い

同じ商品を安く大量に生産することができる複合材とは違い、1本の木から床材に加工するため、複合材に比べると、建築コストがかかります。

バラつきがある

天然の木材ですから、木1本1本に個性があり、色や節の位置も違います。同一規格の複合材とは違い、色や模様にばらつきがあります。

反りや縮みが出る

天然の木材は調湿機能があり、お部屋の湿気が少なくなると、木に蓄えた水分をお部屋の中に放出します。そのため、お部屋が乾燥していると、木に蓄えられた水分が少なくなり、木材が反ったり縮むことがあります。

無垢材まとめ

天然の無垢材の床のメリットは、何と言っても、裸足で過ごせる肌触りの良さと、木の香りによる心地良さではないでしょうか。1本1本個性のある木を使うので、色や模様のバラツキはありますし、複合材と比べて柔らかいため、キズも付きやすいですが、年を経るごとにそれも味わいに変わっていきます。

一方で、無垢材は大量生産できないため、複合材に比べるとコストがかかります。無垢材を使ってみたいけれど、コストも心配という場合は、使うお部屋を限定するなど、工夫することで、理想とコストのバランスを取ることもできます。

小椋建築では、家づくりにまつわるさまざまなご相談をお受けしますので、お気軽にお問い合わせください。