富山市の小椋建築、代表の小椋です。

 

WB工法で新築中の現場で

屋根の断熱材を吹付けています。

断熱材吹付け

断熱材の裏側には、通気層を作ってあり

この通気層が、夏の照りつける太陽光の熱を逃がす場所になります。

冬の寒さ対策はこちらの、四角い箱が役目を果たします。

WB工法 形状記憶合金

奥には、温度によって自動で開閉する仕組みがあるのです。

 

小椋建築へのお問い合わせ・資料請求はこちらから