富山市の小椋建築、代表の小椋です。

新築中現場の床貼りの様子です。

唐松の床材

床材といえば、一般にフローリングを思いつきますが

大きく分けて複合フローリングと無垢材の2つありますが

写真は、無垢の床材(唐松)です。

複合フローリングは色・形状が均一で、施工後の変化もなく

とても、扱いやすい材料です、

一方、この無垢材の床はご覧のとおり、色合いが一枚一枚違い、

形状は、ほぼ均一ですが、施工後収縮が少しばかり発生します。

なぜ、このような材料を使うのか?

足触りがとても気持ちいいんです。

見た目にも、木目がきれいで、なんとなく癒されるようで、好きな床材です。

他にもいろんな種類の床材があります、自分の好みを見つけてみてください。

 

小椋建築へのお問い合わせ・資料請求はこちらから