富山市の小椋建築、代表の小椋です。

 

組み立て前の塗装工事

 

デッキ材の塗装

 

写真の右側に立て掛けられ、ずらっと並んでいるのはこれから、バルコニーやウッドデッキとなる木材です。木材は、材質にもよりますが、そのまま放置しておくと日光や風雨によって劣化・腐食したり、カビや虫の被害が発生することがあるので、外部に置く場合は保護塗装を掛けます。

 

乾燥に1.2日

作業場で塗装をし、立て掛けて乾燥さているのですがなかなか乾きません・・。DIYでデッキを作り、その後に塗装を掛ける方もおられますが組み立てる先に塗装をすることをお勧めします。

 

材料が重なる場所は先行塗装

木材が重なる部分は、後で塗装出来ない所です、そして一度濡れてしまうと、乾きにくい所にもなるのです。湿気の有る所は腐りやすいですからね。塗る作業場所がなくても、せめて重なる部分だけでも先に塗装するといいですよ。

 

 

小椋建築へのお問い合わせ・資料請求はこちらから