富山市の小椋建築、代表の小椋です。

 

パイン無垢材

 

床貼り工事が始まりました。材料はパイン無垢材です。

 

パイン床貼り

 

パイン材は、日本で言う「松」になり、杉よりは少し堅めになりますが柔らかめの材料になり節がたくさん見えるのが特徴です。節があっても素足で歩くと柔らかい感触が伝わってきます。

他にもいろんな床材がありますが、家の雰囲気や好みに合わせて選択して頂きました。温かい感じになり私も好きな床材の一つです。1階、2階共にパイン材を貼り、水廻りのトイレや洗面などは水滴や多少の水に濡れても染みこまないように水に強いビニール系の床材を貼っていきます。

床一面ができあがってくると家の雰囲気が今までよりも強く感じられます。床が終われば次は階段の取り付けです。こちらの階段もパイン材で作っているので、床と合わさりより雰囲気が出てくるので階段の完成が待ち遠しいです。