富山市の小椋建築、代表の小椋です。

富山市長附地内

 

地鎮祭を終え、基礎工事が始まりました。

地鎮祭

 

 

 

基礎工事

家の建つ場所に基礎を作るため泥を掘っていきます。巾や深さ、位置を確認しながら慎重に進めて行きます。

 

基礎鉄筋組み立て

基礎鉄筋組み立て

基礎の外周に型枠を組み立て、中に鉄筋を組み立てていきます。

外周の白く見えるものは防蟻断熱材で、この後工事する基礎蓄熱暖房の熱を逃がさないための大事な断熱工事になります。

 

鉄筋組み立て完了

 

IMG_9896

鉄筋の組み立てが完了しました。

 

鉄筋自主検査

後日、第三者機関の鉄筋検査がありますが、事前に自主検査に行ってきました。鉄筋工事の内容が設計したものと合っているか、壁の場所は合っているか、寸法は合っているか、一つ一つ検査していきます。

自主検査

写真の人物は防護メガネにマスクと怪しいですが、検査中の私小椋です。。。花粉症がひどくて。

 

 

一通り検査しましたが問題無し! 設計通り丁寧に組み立てられていました。鉄筋屋さんありがとうございます。

第三者機関の鉄筋検査を経て基礎底盤コンクリート打設となり、基礎の完成に近づいていきます。