富山市の小椋建築、代表の小椋です。

 

外壁工事に取りかかりました。

 

外壁貼り工事

 

 

外壁通気層

外壁の下地は縦方向の木下地として、外壁内に空気が流れるようにしています。空気が流れる層として「通気層」と呼ばれている箇所で、外壁の下部から空気が入り屋根の棟から抜けていく仕組みです。この層があることによって、熱気や湿気といった気体が壁体内に止まらずに抜くことができ、家が長持ちすることへの補助となります。

 

窯業系サイディング

取り付けている外壁は、ニチハの窯業系サイディングになります。他には金属サイディングやガルバニウム鋼板などの外壁がありますがこちらの窯業系のサイディングは、デザインや色柄がたくさん用意されているのが特徴です。

太陽が見られとてもすがすがしい天候ですが気温は1度くらいのとても肌寒い中、職人さんがきれいに取り付けてくれてました。しかもジャンパーも上着も脱いで・・・。

 

断熱工事終了

IMG_8900

 

家の中は断熱材の吹き付け工事も終わり、間仕切り壁や天井といった部屋を形作る作業に取りかかっています。これだけで大きな一つの空間だったのが各部屋も確認出来、家らしくなってきました。