富山市の小椋建築、代表の小椋です。

屋根工事の様子です。

WB工法では屋根の棟部分にハットヘルスという

金具を取付ます。この金具が形状記憶合金の「バネ」によって

夏はフタが開いて、第1通気層が屋根裏の熱気を、

第2通気層が壁内部の熱気や部屋内の化学物質・臭い・湿気を

この屋根の上に付いているハットヘルスから吐き出します。

逆に冬は「バネ」が寒さを感知し、自動でフタが閉じて

暖房の熱を逃がさないないようにします。

瓦敷設工事

瓦布設工事中

この瓦の形状は和瓦に対して洋瓦または平瓦で

名前の通り平たいのが特徴ですっきりと見えます。

横から見たハットヘルス

横から見たハットヘルス

上から見たハットヘルス

上から見たハットヘルス

家の大きさによって取付数が違いますが

ここから熱気・化学物質・臭い・湿気をバンバン出します。

 

小椋建築へのお問い合わせ・資料請求はこちらから