富山市の小椋建築、代表の小椋です。

 

屋根瓦工事

 

杉材の野地板の上に防水シートを貼り、瓦桟を取り付け瓦を葺いていきます。水下となる屋根先の方から順番に水上へと仕上げていきます。

屋根瓦

 

大屋根、下屋根、瓦が葺き終わりました。

瓦完成

 

屋根瓦 洋風

 

構造金物

 

地震や風に耐えられる強度になるよう、筋交いや構造金物を取り付け、土台、柱、梁などの骨組みをしっかりと繋ぎ組んでいきます。

筋交い

 

金物でしっかりと基礎コンクリートと柱、そして筋交いとを繋いでいきます。

構造金物

 

断熱材吹き付け

 

断熱材を吹き付けていきます。まずは違う場所に着かないようにナイロンで養生していきます。

 

前準備

ナイロンシートを敷いたおかげで、壁と屋根の部分だけにきれいに吹き付けが出来ています。

 

吹き付け断熱姿

屋根・外壁面と家を丸ごと包むように断熱材を吹き付けました。これで断熱樹脂サッシの性能と断熱材の性能が合わさり、冷房、暖房の効果を高めることになりエアコンなどが少しの運転時間、少しの電気代で効果を発揮してくれます。