富山市の小椋建築、代表の小椋です。

 

洗面台の入れ替え工事の依頼を受け、Y様のお宅へ伺いました。

この地域の水は、鉄分が多いようで、長年使われていた洗面化粧台のボウル部分に茶色のシミができていました。

ボウル部分に物を落とされて、ヒビが入ってしまい、交換に至りました。

洗面台 工事前
水の元栓を閉めて、配管に残っている水を出し、工事開始です。

洗面台 取外しの準備
ジャストサイズで洗面化粧台が設置してあったので、出すのに2人がかりでやっとでした。

新しい洗面化粧台をいれて、水,お湯,排水の配管工事をして、上部の鏡や収納ポケットなどの付いたキャビネットを取付ました。

洗面台 設置中  洗面台 設置中

洗面化粧台に限らず、壁にねじで固定しなくてはいけないリフォーム工事は、石膏ボードの下地になるヌキ(木材)が、新しく取り付けしたいものの高さに、必ずあることが少ないのでボードアンカーというものを使って、固定しています。

今回も下地(木材)が、よい位置になく、ボードアンカーを使用し、洗面化粧台と壁,鏡部分のキャビネットと壁を固定しました。

水道の元を開いて、水,お湯の水量等を確認して工事完了です。

洗面台 設置完了

小椋建築へのお問い合わせ・資料請求はこちらから