2003年に新築した自宅は寒かった

これは私の自宅のことです。

2003年に自宅を新築しました、家は3回建てないと納得のいくものができないと言われていますが、私は建築に携わっているので3回も建てなくても納得いくものができるよと高をくくっていましたが見事に残念な結果となりました。

20年近く住んでみてこうすれば良かったと思うところは多々ありますが
一番の思うところはとにかく寒いということです。


正確に言うと、住み始めた頃は前の家より格段に暖かさがありました、玄関を開けて家の中に入った瞬間暖かいと感じたほどです、しかし2年3年と経つ間に慣れてしまい、さほど暖かさを感じなくなったのです、前の家よりは暖かいけど現在の高断熱と言われる家には及んでいませんでした。

寒い家その理由は今ではわかります、 Ua値0.85W/㎡kほど

今思えば暖かくしたい想いの目標値が低かったです、
2003年に新築した家の断熱性能をざっくりと算出してみたところUa値0.85W/㎡kほどでした、これは国の断熱基準、次世代省エネ基準の最高等級4等級のUa値0.87W/㎡kを上回る数値でしたが、実際に住んでみるととても寒くこの基準が低すぎることが体感してわかりました。
しかし当時このことがわかっていたとしても同じ事をしていたかもしれません、それはそれ以上の断熱は要らないだろうという意識の低さです、この意識の低さと目標値の低さが寒い家になった要因でした。
もう一つは年齢だと思います、30才くらいでの新築でした、このころは寒さに強かったです高断熱を求めているとはいえ、本気で求めてはいなかったのだと思います、自分が年を取ることを考慮ないといけませんでした、20年、30年後を見据えた家づくりが大切と実感しています。
この経験を糧に、どうすれば暖かい家になるか勉強し、そして実践しご提案しています。

この次世代省エネ基準4等級は義務ではなく努力目標です、性能が低い上に義務にもなっていないのが現状日本の基準、世界と比べてもとても恥ずかしく日本の断熱意識の低さがよくわかります。
しかし2022年国の断熱基準向上の動きが有り、より良い断熱基準の創設とその義務化へ舵が切られそうです、ようやくといった気持ちです。

必ずシュミュレーションしてから建築して下さい

現在は建築する前にシュミュレーションにて家の断熱性能を確認することができるので、必ず確認してから建築されることを強くお薦めします、
ご相談している建築会社ができないということでしたら、どこかに委託してでもシュミュレーションして下さい、そしてその数値は家の大きさ、形状、断熱の厚み種類、サッシの種類などにより変わってくるので、企画住宅の数値では無く、実際にプラン計画している家でシュミュレーションしないと意味がありません。

そしてその数値と費用を把握して、初めて比較検討が出来る材料が揃います。
安易に費用だけを比較すると、家の性能比較を見落としてしまいます。

HEAT20のG1以上、可能ならばG2性能をお薦めします

この自宅の経験から、断熱性能は HEAT20のG1(Ua値0.48W/㎡k)以上、可能ならばG2(Ua値0.34W/㎡k) 以上の性能をお薦めします、次世代省エネ基準4等級(Ua値0.87W/㎡k)では低すぎます、少なくとも寒がりの私には合いませんでした。

それともう一つ「家全体の暖房・冷房計画」がなかったことです、居る時居る部屋だけの空調ではなく「家全体」で検討することが大事だと実感してます、「家全体」を空調するとどうしてももったいないという感覚が先行してしまいますが、断熱性能の良い家でしっかりと計画すればエアコン1台稼働させれば勝手に家全体が暖まります、そして一度暖まってしまえば暖房器は2~3割の力で稼働するので思うほど電気代は掛かりません、どこの部屋も暖かいのはとても快適で、何より足元が暖かいのは非常に快適です、健康にも良いとされています。

全館冷暖房のイメージ図
家全体の暖房・冷房計画

現在は断熱性能がしっかりと担保された、Ua値0.23~0.43W/㎡kの住宅を建てられますが、20年前にこれだけの性能の家を建てられたかと考えると難しかったように思います。

良い商品はあったはずですがとても少なく高価だったでしょうし、何より20年前、世の中は断熱の意識が低い時代でした、当時にUa値0.23~0.43W/㎡kの性能の家を建てようとすると、ここまでの性能は要らないよと言われる方が多かったと思います。
(Ua値とは家全体の断熱性能を表す単位で、数値が小さいほど性能が良い)

約20年前に新築した家を建て替えたいと思うほどです

私は50才を迎えました、自分がこんなに寒さに弱くなるとは考えもしませんでした、冬の時期裸足で廊下を歩いていましたが今ではスリッパ無しでは歩けませんし、パジャマは裏地にボア付きのものを着ています、寒い時は上着を重ね着するくらいで暖房には頼らなかったのがしっかりとエアコンを稼働させるようになりました。一年前まではそんなに寒さを気にしなかったのに急に弱くなった印象です。

今後70才、80才をイメージしたときこの寒さには耐えられるかと真剣にかんがえてます、あとは家族構成も変わり住みにくくなったのも要因ではありますが。

目的を明確に

こんな寒い家になってしまったのは目的意識の低さですが、どんな家が欲しいのか、暖かい家なのか、山小屋のような家なのか、別荘のような家なのか、小さな家か大きな家か、防音重視や景観を楽しむ家など様々あるので何を重視するかはとっても大事です。

そして欲しい住まいを手に入れるためには最低限の勉強は必要になってきます

行きすぎてマニアックになってしまうのはどうかと思いますが、ある程度の基礎知識を勉強して何を基準にするかを明確に決めることが出来れば後は対応してくれる建築会社を探すだけです。いろんな情報が氾濫しています、その中で取捨選択し必要な情報を手に入れないといけません、見極める力を手にするための勉強ですね。

忙しくて勉強する時間がない

ただ勉強する時間がそうそう取れるわけでは無いですよね、私もサラリーマン時代は会社に着くのは7:30ころ終業は午前様は当たり前な所に居たので、歯医者に行きたくても行けない、現金が欲しいのに銀行へも行けない、多少の風で休むことも出来ません、土曜も仕事で日曜日が唯一時間の取れる日でした、そんな日はゆっくりと休みたいですし、たまった用事も済ませたい、

こんな30年前のブラック企業ほどでは無いにしろ、平日は仕事に時間を割いて休日には家庭があればそちらにも時間が取られてしまうでしょうから勉強する時間はなかなか取れないと思います。

また勉強したからといっても、この情報が溢れている状況で何を勉強したら良いかさえわからなくってしまうかもしれません、そんな遠回りしないために家づくりの基準をお伝えしたい。いろいろな基準はあると思いますが私が自宅を新築した20年前にこの基準があったら良かったのにと思うものです。

何を基準に考えたらいいのか

お薦めする基準は

  • Ua値:0.46W/㎡k以下 (断熱性能を表す数値、小さいほど性能が良い)
  • C値:1.0以下 (気密、隙間を表す数値、小さいほど隙間が少ない)
  • 家全体の暖房計画、冷房計画がされているか
  • 耐震等級は許容応力度計算で3となっているか

大きく上記のポイントを抑えておけば大きな失敗は無いと思います。

上記とは別に

間取りや導線の使いやすさ、収納場所の確保、デザイン等の項目も大事なことですが、これらはお施主さんが図面やパースなどを見れば善し悪しを判断できるはずです、見えない項目をしっかりと把握していて提案してくれるかが大事なところと考えます。

シュミュレーション

今では本当に便利なソフトがあります、平面図、立面図、基礎形状、屋根形状、サッシ位置・大きさ、断熱材の種類、外皮の構成などを入力すると暖房負荷、冷房負荷、Ua値、電気代などをシュミュレーションで算出ことが出来ます、
(電気代は個人のライフスタイルにより2~3割ほど相違することがあります)

シュミュレーション
光熱費、断熱性能

家を実際に建てる前にこれだけの情報が手に入るのはありがたいことです、これらの情報を元にサッシや断熱材などの検討をしていきます

例えば断熱性能Ua値を0.01改善するために10万円の費用が掛かるけど採用するかどうかといった判断材料にすることができます。

性能とコストのバランスを確認してご提案します

こんなシュミュレーションをしてみました。
富山県5地域、120㎡、2階建て、日射遮蔽を考慮した一般的な住宅で、家全体の暖冷房計画をした場合のUa値と電気代を算出

① Ua値0.39W/㎡kの住宅で暖冷房の電気代は、約40,000円/年間
② Ua値0.23W/㎡kの住宅で暖冷房の電気代は、約30,000円/年間
となりました。

そして①Ua値0.39W/㎡k→②0.23W/㎡kに改善するために工事費は約140万円掛かります、築後30年を区切りに電気代を見ると②の方が30万円安くなりますが、工事費が140万円増加するので▲110万円となります。

ちなみに工事費140万円を償却するには140万円/1万円年で140年かかることになります。この事実をわかった上で、①又は②の住宅を検討するのはとても有意義なことと考えます。
このように作成したプランでシュミュレーションして性能とコストのバランスを考慮してご提案します、

②のような過剰な性能は不要かもしれませんが断熱効果が高いと暖房しなくても日射だけで暖かくなる時期もあるので予算が許せば性能の良い家もお薦めです。

比較することができるので、惑わされずに検討して下さい

Ua値やQ値などの指標が知られてない時は、素人の方には断熱性能の比較はほぼ出来なかったと思います、「○○工法」だから暖かい、「いい断熱材」を使ってるから暖かい、「大手ハウスメーカー」だから、「床暖房」だから、
これらは単語であって暖かさを表しているものではありません、
断熱性能は「Ua値」で表します、数値の小さい方が断熱性能が良いです。

おそらく会社を選ぶ基準は、カタログの見た目とか、営業マンが良さそうだったからとか、大手だから安心とか、価格、デザイン等ではないでしょうか。それらの判断基準は大事なところもあるので押さえておきましょう、
しかし性能面を比較する時は性能値を確認して下さい、数値で表現されているので一目瞭然です。

20年前に、Ua値と言う言葉は無く断熱性能の良い商品も少ないしシュミュレーションするソフトもありませんでしたけど、今はあるのでどんどん活用されてお気に入りの家を手に入れられて下さい。当社ではシュミュレーションを含めたご提案をさせて頂いています。

大手メーカー営業マンの言葉

以前見学会に来られた方でこんな話をされていました、その方は一流大手ハウスメーカーで新築されたようですがとても後悔されてました、住んでいた家はとても寒かったので暖かい家がほしいと伝えました、

営業マンは、わかりました暖かい家を建てましょうと進めていたのに完成した家は寒い家だったと言うことです。大手ハウスメーカーの営業さんが暖かい家になると言ったから信じたのに残念な結果となったようです。

営業マンといっても断熱に詳しい方、そうでない方いろいろです、とは言ってもお施主さんにも知識が無いとどう伝えたら良いかわかりません、だから「暖かい家がほしい」との表現になるのは当然です、

そしてこの言葉はとても曖昧なのです。この方がUa値0.34W/㎡k相当の断熱性能の家がほしいと伝えていたら違う結果になっていたかもしれません。

当社の家造り

  • Ua値:0.23~0.46W/㎡k(現状実施は0.30前後ですが、0.23までの構成は準備できています)
  • C値:1.0以下(気密測定実施します)
  • 暖房計画は床下エアコン1台にて家全体を足元から暖房する
  • 冷房計画は屋根裏エアコン1台で家全体を冷房する
  • 耐震等級は許容応力度計算で3を取得する(積雪荷重は要相談)

このような内容の家をお薦めしています。

築後30年をみてもお得

お薦めしている家の暖冷房はエアコン2台でまかなっています、通常4人家族だと寝室3つにLDK1つとすると15万円/台として2台で30万円、4台で60万円、

エアコンの平均寿命は13年ほどなので26年後は2台の家の方は90万円、4台の家の方は180万円で、90万円の差が付きます、台数が少ないので当たり前ですが、台数を少なく計画することが肝要です。これに電気代を加えるとさらに差が開いてきます。

もちろんこの考えに合わない方も居られるはずです、居る時居る部屋だけでいいという方、そこまで断熱性能不要とか思われた方、老後も問題無い、そんな方にも是非話だけでも聞いて頂きたいです、だってこの不要の考えを持っていたのは約20年前の私自身だったからです、

仮に私が建築関係の仕事では無いとして新築当時このようなアドバイスをくれる建築会社がいてその通りに家を建てていたら快適に暮らし、そして今後20年30年後の老後も快適な家で生活出来ていたような気がします。

もしかしたらアドバイスをもらっても、断熱に対する意識が低かったのでそこまでの性能の家は要らないよと、今と同じ家を建てていたかもしれませんが・・・

しかしこのアドバイスは大きな判断材料になると考えます。

暖かい家はいいですね、特に足元が暖かいと快適さが格段に上がります、当社事務所にも足元から暖める暖房が入っているので是非体験しに来て下さい。
床暖房体験の申し込みはこちらから

床暖房

一生に一度の大きな買い物である住宅です、ご自身とご家族の快適な暮らしが出来るような家をご提案します、そして子供や孫、その子供にも残せる快適な家は代々引き継がれる財産になるのではないかと考えます。
お気軽にお問い合わせ下さい