床暖房で、24時間家丸ごと ぽかぽかの家
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 家を考える

家を考える

床暖房の特徴から見るデメリット

床暖房はメリットばかりではありません、今回は床暖房のデメリットをお伝えします。

亀 ゆっくり

床暖房ってどのくらい暖かいの?

床暖房を使用開始した11月11日、初雪の降った12月6日、寒波到来の1月26日、それぞれの日で床暖房の暖かさをデータで解説してみたいと思います。

温度計とグラフ

床暖房の問い合わせが増えてきました。

春になり暖かくなってきましたが、床暖房の問い合わせが増えてきました。

イラストグラフ上がる

体に優しい温度差の少ない家

24時間、家丸ごと床暖房のある家は、体に優しい家です。

イラストやさしい家

24時間、家丸ごと温かい全館暖房その電気代は。

24時間、どこの部屋も温かい全館床暖房。 気になるのが電気代ではないでしょうか。 今回は、どのくらい電気代がかかるのか、石油ファンヒーターとの比較も交えてお伝えします。

電卓と帳簿

小椋建築の床暖房の特徴

コンクリートはとても温まりにくく、冷めにくい材質です。 コンクリートを30℃以上に温めるのに丸1~2日掛かりますが、熱が抜けるのにはそれ以上時間がかかります。 つまり、一度温めてしまえば熱を蓄えてなかなか冷めません。 この性質を利用することで、電気使用量を抑えることができています。

震えている人

富山の家づくりマイスター 小椋孝一の家づくりコラム始めます

富山でいい家を建てたい。 富山にある今の家をキレイにリフォームしたい。 失敗したくないけれど、情報はどうやって集めたらいいだろう? 新築やリフォームの際、富山ならではの気をつけたいポイントは?

小椋孝一 イラスト

ヒヤッと感が無い、家丸ごと暖房体験

足元から温かい家丸ごと暖房、一日中20℃~24℃の室温で快適な暖房を体験して下さい。

床下が温かい

新築したばかりなのに寒い。

見学会無事終了しましたが、一日遅れの見学会希望の連絡がありお話を聞きました。

見学会のぼり旗

ヒヤッと感が無い、家丸ごと暖房住宅体験

2/10(土)、11(日)、12(月) 体験会を開催しています。

床下が温かい、手を当てる
« 1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 小椋建築 All Rights Reserved.